MacBook Pro の Touch Bar が絆創膏で使えない2018年12月04日 13時11分24秒

指先に怪我をしてしまった。左手の薬指に絆創膏。MacBook Pro の Touch Bar 付きのコンピュータを使っているが、ひどく使いづらくなった。なお、この Macbook Pro は会社から仕事用として配布されている物。

タッチバーは、使うアプリケーションによって変化する。ボリュームや、光度調整、Safai だと開いているタブが小さく小さく表示される。

タッチバーにはなぜだか、エスケープキーがある。普段からエスケープキーは滑べったり、感度が悪いため使いづらい。vi 使いだから、エスケープが使いづらいのは、結構辛い。それでも慣れて、どうにかなった。圧力だけの感知だけではないようだ。

流石に指に布切れやビニールを巻くと次第が異なる。何せ湿り気のない絆創膏が通過しても何も起きない事が多いのだ。意図しない文字が画面に溢れていく。普段使う薬指に変えて、小指や中指で対応している。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2018/12/04/9006787/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。