FreeBSD 12 から rsh が消える ので net/bsdrcmds2018年10月01日 12時59分38秒

ほぼ、一年程前に、FreeBSD CURRENT から rsh と rlogin の r コマンドが削除された。これは FreeBSD 12.0-RELEASE になる。

最近は、仮想環境なども利用するので、閉じたネットワークを構築しその間で rsh 系を使って通信することがむしろ増えた。そんなわけで、この r コマンド削除は一手間になる。rsync や zfs send 等で大容量を送るときは ssh の負荷が大きすぎる。

この r コマンド削除を受けて、net/bsdrcmds が ports に作成された。これを入れることで、rsh が使えるようになる。

rshd と rlogind は /usr/local/sbin に入る。inetd を使って起動する場合は、/etc/inetd.conf を書き換える必要がある。

shell   stream  tcp     nowait  root    /usr/libexec/rshd       rshd
login   stream  tcp     nowait  root    /usr/libexec/rlogind    rlogind
とあるのを
shell   stream  tcp     nowait  root    /usr/local/sbin/rshd       rshd
login   stream  tcp     nowait  root    /usr/local/sbin/rlogind    rlogind
と書き換える必要がある。

この ports からの rshd でも pam は有効になっている。/etc/pam.d/rsh で設定を出来る。

FreeBSD ^/stable/12 ブランチが作成された2018年10月19日 21時14分31秒

FreeBSD の SVN に stable/12 が作成された。ここ数日間控えられていたコミットが head に再開されて、ライブラリなどの更新なども既に入っている。

今後 FreeBSD 12.0-RELEASE に成りうるものを追うのであれば、 svn switch ^/stable/12 で追従先を変更。

FreeBSD ^/stable/12 ブランチが作成された2018年10月19日 21時14分31秒

FreeBSD の SVN に stable/12 が作成された。ここ数日間控えられていたコミットが head に再開されて、ライブラリなどの更新なども既に入っている。

今後 FreeBSD 12.0-RELEASE に成りうるものを追うのであれば、 svn switch ^/stable/12 で追従先を変更。