Phabricator を使って FreeBSD にパッチを投降2018年02月05日 12時41分03秒

今でも Bugzilla を通して、バグの報告やパッチを受け付けてはいるが、こちらだと関係している人の目にはなかなか付かないようだ。

Phabricator を設定して、機能的な変更はリビューを行いそれから head にコミットされている。簡単な改善でもこちらを使って投降し、よく変更している人の名前を見付けてリビューを頼んだ方が現実的なようだ。

変更点は CURRENT へのパッチで受け付けている。svn diff -x -U999999 を使って、ファイルの全てが入るようにする。そして、新規作成を使って、差分をアップロードし、変更点やテストの方法を書く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2018/02/05/8782760/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。