FreeBSD に openssl の SA2017年12月12日 13時12分12秒

FreeBSD-SA-17:12.openssl が出されている。

エラーが出た後の処理を行わないで呼ばれた SSL_read や SSL_write は暗号化していないデータを書き出してしまうバグが修正された。影響は、利用側のプログラムの次第だが、プログラムに問題があった場合の回避策は無いとのこと。他に、もう一つのバグも共に修正されている。

対象は、現在サポートされている全てのリリースの、11.1-REELASE と 10.3-RELEASE と 10.4-RELEASE になる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2017/12/12/8746904/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。