FreeBSD のスワップの実装が大きく変わっている2017年10月01日 12時44分21秒

FreeBSD のスワップの実装に大きな変更が加えられている。12-CURRENT は既に変更済みで、11-STABLE にも一ヵ月ぐらい前に変更が降りてきていた。11.2-RELEASE と共に出ることになる。

Replace global swhash in swap pager with per-object trie to track swap blocks assigned to the object pages. がその変更点で、blist にて管理していた各ブロック情報を、pctrie を用いての管理に書き換えられている。

良くは把握していないのだが、pctrie にはまだあれこれ関数が追加されているのを見ると、比較的新しい様だ。

昔の実装には struct swblock が使われていて、大きさは 276 だった。新しい実装で使われる構造体は二つになり、struct swblk で大きさは 72 で、swpctrie の大きさは 44。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2017/10/01/8690652/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。