ld を壊したら Invalid bfd target のエラーが2017年08月04日 14時58分58秒

不慮の電源断で、ファイルが破損したようだ。そのため、buildworld で ld がエラーを起こした。
/usr/bin/ld: can't set BFD default target to `i386-unknownfreebsd': Invalid bfd target
と止まってしまった。

他にも

make[2]: "/usr/src/share/mk/bsd.linker.mk" line 47: warning: Unable to determine linker type from LD=ld
make[2]: "/usr/src/share/mk/bsd.linker.mk" line 56: warning: Unknown linker from LD=ld: none, defaulting to bfd
とも出ていたので、mk ファイルがおかしいのかと最初は思った。ld--version を試すと、Invalid bfd target と出たので、ld 自体が壊れていると判断し、/usr/obj 以下の ld と bfd に関連しそうなものを削除。gnu やら usr.bin 以下に幾つかあった。

その後は、問題が解消したようで、エラーも出なくなった。

ニューヨークがさらに寒い2017年08月07日 12時30分08秒

先週は少し肌寒いと思っていたが、月曜日は特に寒かった。日曜日の早朝に雨が降り、冷えていた。月曜日の九時ぐらいから雨が降り始め、十時には土砂ぶり。一日中強めの雨が降っていた。寒くて、長袖長ズボン。窓も寒いため閉めた。気温は華氏 70 度で、およそ、摂氏二十度。

今年の夏は、全体的に気温が低め。

買ってから初めてのパンク2017年08月09日 12時43分25秒

Sirrus Sportを購入してから初めてのパンク。

最初はゴムが劣化したのかと思ったのだが、タイヤを外して見ると、チューブに穴が空いていた。修理の時にタイヤの内側を目視して、針が刺さっていないのを点検したが、十分では無かったため、交換してすぐのチューブにまた穴が空いてしまった。

そこで、もう一度交換し直した。今度はタイヤの接地面をくまなく調べた。そうすると、結構長い針が二本も出てきた。折角だったので、一回り調べてみると、細かいガラスの破片も結構出てきた。

今度からは、もっとしっかりと刺抜きをしなければ。

uma_zone_reserve_kva を調査2017年08月10日 13時41分59秒

uma_zone_reserve_kva で割り当てたメモリはどのように解放すれば興味があって、調べている。
keg = zone_first_keg(zone);
...
kva = kva_alloc((vm_size_t)pages * PAGE_SIZE);
uma_zone_reserve_kva は kva_alloc を呼んでいる。

FreeBSD に openssh SA2017年08月11日 13時20分17秒

FreeBSD-SA-17:06.opensshの Security Advisory が出ている。対象は、サポートされている全てのバージョン。ssh/ssl 関連は久しぶり。問題点は、パスワードの長さの点検をしていなかったらしい。

パッチを当てずに回避をするには /etc/ssh/sshd_config の PasswordAuthentication を無効化して、sshd を再起動すればよい。

zfs send -R を受け取るのは zfs receive -d が良さそうだ2017年08月14日 12時23分46秒

ZFS に保存している写真のファイルシステムをバックアップすることにした。
zfs list -t all
...
zfs/pict                 304G  92.4G   301G  /mnt/zfs/pict
zfs/pict@2017_02_26     1.15G      -   283G  -
zfs/pict@2017_07_05     1.36G      -   299G  -
zfs/pict@2017_08_13     11.6K      -   301G  -
ファイルに間違って重複があり、差分のみをファイルから取り除いた。そのため、スナップショットに元の巨大な重複ファイルが野持ってしまったので、昨年までのスナップショットを消した。そのため、スナップショットの数は少ない。差分で複製するとなると、スナップショットが少ないと、不便だ。

スナップショット名を指定した形で試したら失敗した。

$ zfs send -R zfs/pict@2017_08_13 | zfs receive bkup/camera@2017_08_13

 cannot receive: cannot specify snapshot name for multi-snapshot stream
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_02_26': Broken pipe
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_07_05': Broken pipe
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_08_13': Broken pipe
そこで、receive の -d オプションを利用。
$ zfs send -R zfs/pict@2017_08_13 | zfs receive -d -v bkup/camera
これで、無事に複製できたようだ。send と receive を同時に行う場合は、receive 側に -v を付けた方が見やすくエラーも分かりやすい。

日本へ一時帰国2017年08月16日 11時59分58秒

夏の終り頃のチケットで格安の物が出ていたのと、子供達も大きくなってきたのと、祖母も不調なので夏の終りに日本へ一時帰国。九月の始めは日本で過ごすので、子供達は実家の地元の小学校に行く予定。

今回は、カナダ経由。飛行機は直行便が一番距離と時間が短いが、値段は高い。特に、第三国を経由して行く便だと、安くなる。今回はカナダだが、前回は中国だった。

カナダの空港では、アメリカの出入国審査を行っている。

カナダ航空のシステムが落ちていた2017年08月18日 03時01分47秒

アメリカのニューアークからトロントへ、カナダ航空で。空港に着いて驚いたのが、システムが落ちているために、全て手作業での搭乗手続きになるとのこと。ニューアーク国際空港では、カナダ航空のシステムのみが落ちているのが分かった。取り敢えず、旅券番号やその他の手続きを渡された紙を埋めて処理をする。

驚いたのは、カナダは経由地として、通過するだけでもビザを申請しなければいけないこと。インターネットで申請して、料金を払えば、三十分ぐらいで発行してもらえはするとの事。

航空券を購入したときに、既にカナダを経由しての国際線なのは分かり切っているので、そのような注意書きの一つぐらい欲しいものだ。

カナダ航空のシステムが止まっているのと、全てが手作業なので時間は押していた。

運良くカナダ行きの飛行機に乗ることは出来た。しかし、ダブルブッキングの為に乗れなかった人もいたようだ。

出発の時間も遅れたが何とかトロントに到着。ニューアークでの発券がシステム上ではされていないので、トロントでは再度航空券の発行手続きをやらなければいけなかった。なお、こちらのシステムは動いていた。しかし、既に次の便の出発の時間が迫っているのに、事務の人の数も少なく、また処理能力も低くて、最終的に発券出きたのは搭乗手続きの三十分ぐらい前だった。不慮の自体の為に、経由地では、二、三時間以上の余裕を持つようにしているが、それでも勝手に国際便をキャンセルされていないか、気が気ではなかった。

散々な旅程になってしまったが、取り敢えず無事に着くことは出来た。

新規発行でゴールド運転免許2017年08月20日 03時54分43秒

今回は有効期間が過ぎてしまった場合の手続きのうち「やむを得ない理由で有効期間が経過して6か月以内の方」に入る。この場合は残念ながら新規発行になってしまう様だ。

また、最近、更新の規定が変わり、以前よりも融通が効くようになった。なお、海外に居住のため更新手続きができない方更新期間より以前に更新手続きを希望される方があり、更新期間は結果的に短くなるが、失効を避けられるようになった。

各種書類をそろえて、朝一番に窓口へ。自動車が運転できないと何処にも行けない。

既に手慣れた、再発行の手続きを進める。変更された新制度の為だろう。今回は窓口で過去の運転免許証の記録を遡って調べたとのこと。そして、ゴールド免許に相当する無事故無違反なので、新規発行にはなるが、三十分講習を受けて、五年のゴールド免許の交付になるとの事。

ゴールド免許を貰えて更新間隔が延びたのと、数が少なくて長い二時間講習を受けなくて良くなったので、大変時間が節約できた。