hint.agp.1.disabled="1" で dynabook は動くようだ2017年05月10日 12時30分36秒

古い dynabook に FreeBSD の 非 SMP カーネルを入れてみたらmake_dev_sv 関数で落ちるようになった。メッセージには
vgapci1: <VGA-compatible display> at device 2.1 on pci0
agp1: <Intel 8285xM (85xGM GMCH) SVGA controller> on vgapci1
make_dev_sv: bad si_name (error=17, si_name=agpgart)
と残っている。

調べると、855GM搭載機が FreeBSD 10.2-RELEASE にて kernel panic にて類似したケースが見付かった。そちらから [FreeBSD-users-jp 95594] FreeBSD 10.2-RELEASE VGA panic が参照されていて、/boot/loader.conf で agp1 が無効化出来るとある。

hint.agp.1.disabled="1"
hint.drmn.1.disabled="1"

私の環境では drmn のエラーやデバイスは無いので、agp だけで大丈夫だろう。試すと、10 系でも dynabook が起動できた。11.0-RELEASE でも起動できたが、11.1-PRERELEASE の 11-STABLE だと、SMP カーネルでは駄目だった。

カーネル自体は起動するようになったが、この dynabook のキーボードが幾つか壊れている。そのため、USB キーボードも動作しなくては起動しても使えない。現状では 10 系と 11.0-RELEASE ではうまく USB キーボードを使えないようだ。11.1-PRERELEASE だと SMP では動かない。もう少し USB 関連を見直せば、キーボードは動くかも知れない。