壊れたのは Windows と外付けのハードディスク2017年03月05日 16時29分40秒

Windows を壊して外付けのハードディスクも壊した。今回壊れたのは結局ハードディスク二つの MBR だった。

Windows の方は起動不可能だが、CD から起動した FreeBSD で見るとパーティションは壊れていない。そこで、このディスクの MBR のバックアップは古かったので、パーティション構成が違っていたはず。そのため、MBR を修復する前に、FreeBSD で第三と第四パーティションのデータを複製。

その後、古い MBR のバックアップで、元に戻す。FreeBSD の dd で 512 バイトのみ。

$ dd if=rv515-ada0.mbr of=/dev/ada0 bs=512 count=1
この後、案の定、第三と第四パーティションは見えなくなったが、取り敢えず Windows は起動するようになり、第二パーティションのデータは無事だった。

外付けのディスクは、バックアップはとても古いものしか無かった。こちらは、比較的最近 FreeBSD を起動できる様に再構成したものだった。どうもこちらは、パーティションテーブルも壊したようで、後部のパーティションの復帰は無理そう。古いバックアップの MBR を戻しても、第一パーティションのあったデータは無事見えるようになったが、それ以降のパーティションは無理だった。システムの複製が入っていただけなので、被害は軽微。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2017/03/05/8393417/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。