壊れた外付け USB ディスクの様子を FreeBSD で見る2017年03月02日 14時09分18秒

取り敢えず、前回破壊した外付け USB ディスクを FreeBSD に繋げると、こうなる。
da2 at umass-sim2 bus 2 scbus5 target 0 lun 0
da2: <I-O DATA HDPS-U > Fixed Direct Access SCSI-2 device
da2: Serial Number 000902A1541C
da2: 40.000MB/s transfers
da2: 305245MB (625142448 512 byte sectors)
da2: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
GEOM_PART: integrity check failed (da2, MBR)
GEOM_PART: integrity check failed (ufsid/4cff0efe10087de1, MBR)
GEOM_PART: integrity check failed (diskid/DISK-000902A1541C, MBR)
ディスクの先頭領域が壊れているようだ。
% ls /dev/da2*
/dev/da2
ls でもパーティションは表示されていない。

FreeBSD には、この整合性の点検を無効にする方法がある。MBR 等を破壊してしまったディスクからの復旧に、役に立つ。root ユーザで。

$ sysctl kern.geom.part.check_integrity=0
% ls /dev/da2*
/dev/da2        /dev/da2s1      /dev/da2s2      /dev/da2s3      /dev/da2s4
これで、mount やら ntfs-3g などで、ディスクの中のファイルを見られる様になる。

なお、このディスクを繋いでも、起動画面が出ることも無い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2017/03/02/8383913/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。