Windows が壊れた要因は良く分からない2017年03月01日 15時39分40秒

Windows が起動しなくなったが、実は再現環境が今でも分からない。Windows 7 が入っているのは、この Samsung の機種一機のみ。Windows Vista や Windows XP、それ以前の Windows が入っていた機種なら、HP や Toshiba などが複数台ずつあったが、間違ったボタンを押してもキーキーキーと不快音がなる程度で、起動しなくなった事は無い。

Windows 7 の問題なのか、Windows 7 から変わった LBA 等の起動機構に寄るものなのか、FreeBSD のブートローダが Windows 7 とは相容れないのか、はたまた Samsung 機種だからかなのかは分からない。

取り敢えず、この機械に、外付けのハードディスクを繋いで FreeBSD を起動するときには一段と気を付けなければいけないようだ。特に F5。

この機種に、FreeBSD のブートローダの入った USB ディスクで、F5 を押すと壊れるのは USB ディスクと内蔵ディスクの二台。MBR や LBA の情報が入っている、先頭 512 バイトが破壊される様だ。

BIOS で CD-ROM から起動するようにしたり、他の外付けの USB ディスクを繋ぎ直して、FreeBSD を起動することは出来る。ディスクも起動情報を直せばデータは無くならない。

壊れた外付け USB ディスクの様子を FreeBSD で見る2017年03月02日 14時09分18秒

取り敢えず、前回破壊した外付け USB ディスクを FreeBSD に繋げると、こうなる。
da2 at umass-sim2 bus 2 scbus5 target 0 lun 0
da2: <I-O DATA HDPS-U > Fixed Direct Access SCSI-2 device
da2: Serial Number 000902A1541C
da2: 40.000MB/s transfers
da2: 305245MB (625142448 512 byte sectors)
da2: quirks=0x2<NO_6_BYTE>
GEOM_PART: integrity check failed (da2, MBR)
GEOM_PART: integrity check failed (ufsid/4cff0efe10087de1, MBR)
GEOM_PART: integrity check failed (diskid/DISK-000902A1541C, MBR)
ディスクの先頭領域が壊れているようだ。
% ls /dev/da2*
/dev/da2
ls でもパーティションは表示されていない。

FreeBSD には、この整合性の点検を無効にする方法がある。MBR 等を破壊してしまったディスクからの復旧に、役に立つ。root ユーザで。

$ sysctl kern.geom.part.check_integrity=0
% ls /dev/da2*
/dev/da2        /dev/da2s1      /dev/da2s2      /dev/da2s3      /dev/da2s4
これで、mount やら ntfs-3g などで、ディスクの中のファイルを見られる様になる。

なお、このディスクを繋いでも、起動画面が出ることも無い。

ニューヨーク近隣は冷え込んでいる2017年03月10日 21時59分21秒

金曜日になって、雪が降っていた。朝起きて、子供が登校の時間には若干積もっていた。芝生や車の上に薄い一層程度。コンクリートの上は融けている。子供達は、芝の上の雪を固めて、投げて遊んでいた。

最近、暖かい日が続いていたが、今日から来週にかけて冷え込む予報。週末も朝は、零下摂氏五度ぐらい。暖かいときでも零度ぐらい。

娘のアトピーに小麦粉は影響は無いようだ2017年03月12日 15時39分06秒

娘の肌荒れが酷いので小麦粉を極力避けてみたが、肌荒れに改善の様子は見られない。小麦粉はあまり影響は無いみたいだ。

月曜日がピザの日となっていたり、誕生日などで呼ばれていったら、ピザやパスタ等避け切れるものではない。完全に断絶するのは、無理だったが、それでも良くもならず、悪くもならずといった感じ。

小麦粉の食品を摂り過ぎると、悪くなる傾向ではあるが、神経質になるほど避ける必要は無いとの結論に達した。

夏時間初日2017年03月13日 15時41分57秒

アメリカで、夏時間の運用が始まった。英語では「Daylight Saving Time」。夏という表現は入らない。また、日の出が早いので、早く起きて夕方日が暮れる前に家に行こうという趣旨だ。

英語で、「Summer Time」と言うと夏の時期を指すので、しっかりと、「Daylight Saving Time」と使い分けたい。

子供達は、通常通りに起きて活動。昼頃にあちこちの時計を一時間進めた。夕方のサッカーの後あと明るいねと会話をしながら帰ってきた。しかし、疲れていたようで、既に新しい九時に就寝。前日の八時に当たる。

夏時間が始まって最初の月曜日2017年03月14日 12時26分13秒

夏時間が始まって最初の月曜日。子供達も昨晩の寝つきと、今朝の目覚めがよく、元気に一時間すすめた時計に沿って登校して言った。私の早めの出勤。ニューヨーク近隣は週末から冷え込んでおり、今朝は氷点下 。久しぶりに、朝の自転車で寒さを感じながら走り出した。

朝が早めだったため、帰宅も心持ち早め。夕方には、寒いものの冷え込みは無くなっていた。また、日が出たまま自転車で帰れたので、視界も良く、気持良かった。若干風が強くなっており、今夜からの暴風雪警報も出ている。

暴風雪警報が出ている2017年03月14日 16時48分37秒

暴風雪が近付いていて、フィラデルフィアのあたりから、ニューヨーク州の上まで出ているようだ。

月曜日の夜から風が強く、冷え込んできた。深夜を過ぎてから、雪はサラサラのが強い風で木々や家に打ち付ける音が聞こえてきた。

学校は既に休校が決まり、自身も恐らく自宅で仕事をすることになると思う。

まだ、雪からの完全復旧は出来ていない2017年03月18日 12時47分36秒

金曜日は自転車で出勤してみた。水曜日と木曜日にまあまあ暖かくなって、道の真ん中の雪は消えた。端に寄せられた雪や、雪かきをやらなかった道路や歩道はまだ埋まっている。

ジョージワシントン橋に着くと、歩行者、自転車用の通路はまだしまっていた。仕方が無いので、橋のバス乗り場に行く。バス乗りに行く途中の道は雪かきが行われておらず、歩きづらい所もあった。

雪の後の渋滞の中をバスを待つ。どうも最近は、自転車置場を搭載しているバスが減っているようだ。そのため、何本かは乗れずに、見過ごすしか無かった。

結局、十分で渡れる橋を一時間かけて渡った。バスから見ると、雪かきは三分の一ぐらいしか行われていないようだった。

帰りまでにも雪かきは恐らく終らないだろう。帰りに橋の麓まで行ってみたが、案の定開いていない。帰りは運が良く、すぐに自転車置場を持つバスが来てくれた。

Intrepid イントレピッド - 博物館へ行って来た2017年03月20日 10時39分51秒

Interpid Sea Air Space Museum に行ってきた。値段は、大人が一人 33 ドル、子供が一人、$24 ドル。ニューヨーク市の住民には割引があり、それぞれ 19 ドルと 17 ドルとなっている。値段は高いが子供達が喜ぶと聞いたのと招待券を貰ったので試してみた。

まず、第一の悩みはやはり駐車場と交通渋滞。ここの博物館は十時に開館。少し朝は遅れ気味だったので、十時半ぐらいに到着の予定だった。しかし、丁度この地域で警察が交通規制をやっていたので、渋滞と迂回路を取るため、時間が掛かる。三十分遅れで、近所に着き、ある程度目星を着けておいた駐車場に入ろうとするも、駐車するために大渋滞で入れない。仕方が無いので周辺を三十分以上ぐるぐる廻りつつ、空いていそうな駐車場を探していたところで、路上に一台の空きを発見。少し遠いが、どこに止められるか分からないのでそこに止めて皆で歩いて行った。結局入館は十一時半だった。

入ると、右側に潜水艦。こちらは、小さいので常時入場制限があり、並んで入る。最初にこちらから行った。少し待ってから入ることが出来た。子供達はチョコチョコと進んでしまう。もう少し様子をゆっくりと眺めてから進んで欲しかったが。

その後、Intrepid に入る。これは、アメリカの引退した空母。第二次世界大戦から、朝鮮戦争やベトナム戦争にも参戦している。甲板には戦闘機が展示されている。そこから、操舵室などに登って廻ることが出来る。二階は大きな展示室になっている。ここには子供達も興味を持ちそうな、触ったり反応したりする展示物がある。また、奥への通路を探すと、船内の通路に入り、各種クルーの船室や洗面所、シャワールームなども見られる。食堂や調理室も一階下りた所で見ることが出来る。

食事の休憩も入れて、およそ三時間半の滞在だった。引退した空母の中を歩ける等もあるが、博物館としての値段はニューヨークの中でも高い館だった。