NDIS を 11.0-RELEASE に戻して更に原因追求2016年11月22日 13時43分58秒

NDIS の原因追求再試行第三段 286410 にて問題を再現にて、この辺りが問題が発生していたのは分かった。286419 では kldload でパニックを起こす。しかし、11.0-RELEASE で最近試したときのことを思い出す。その時は、通信こそ出来なかったもののパニックを起こしてはいなかったはず。そこで、11.0-RELEASE に戻す。

11.0-RELEASE では kldload でのパニックは収まっていた。dmesg から

ieee80211_new_state_locked: pending AUTH -> SCAN transition lost
を見付ける。まだ、何に関係あるのかは分からないが取り敢えず、記録。

NDIS のデバッグを有効にする sysctl がある。

$ sysctl debug.ndis=1
この後、
ndis_newstatus: ASSOC -> RUN
と表示されるようになった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2016/11/22/8258325/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。