async マウントの方が softupdate よりもディスクに引っかかる2016年09月04日 13時17分54秒

FreeBSD での外付けのハードディスクは内蔵ディスク程良くはないのが経験則だ。HP Pavilion dv6426usに付けた、USB の外付けハードディスクを /usr/obj 様に使い始めた。どうせ、再構築可能な物なので softupdate を切り -o async,noatime でマウントしていたが、時折、システムが一時停止する。停止は、IO の処理がうまく処理されず、X やファイルシステム関連の操作が止まってしまう。不便なので、async を止めて、softupdate にしたら随分と良くなった。