タイヤの交換もした2016年07月01日 02時14分58秒

ギアの交換をした後にタイヤの状態を尋ねてみた。前輪はあと二、三ヵ月は大丈夫だが、後輪はすぐに替えた方が良いとのこと。すり減りが気になっていて、若干横滑べりが起きることもあった。ワイヤの交換時に頼んでおけばよかったが、後の祭り。

再度、自転車を持ち込んで、前輪後輪共に交換。一輪四十ドルに手間賃がそれぞれ十ドルずつ。十五分で終ると言うので、そのまま作業を終るんを待って、自転車に乗って帰った。

一日におよそ三十キロ。一週間におよそ百五十キロ。一年間を五十週間としておよそ七千五百キロ。一年半乗ったが休んだ日もあったので、およそ一万キロぐらいだろうか。

ワッフルのカリカリに2016年07月02日 10時50分24秒

以前は Cuisinart 製のワッフルメーカーを持っていた。丸いワッフルが一枚ずつ焼ける。子供がいないときは良かったが、人数が増えると焼くのよりも食べる方が早い。息子が機械を壊した後は、一度に同時に焼ける物を買ってみた。新しい方は、一気に四つ分焼ける。型が同じかどうかは分からないが雰囲気的にはこんな感じ。

私のワッフルの好みはカリカリ。中までサクサクとなるほど固めが好き。Cuisinart の時は最後に強にして出来たのだが、四つ焼きは温度調整が出来ないようだ。あれこれ配合を替えたりしてみたが、あまり良くならなかった。

結論としては、粉物・焼物をカリカリに仕上げるには火力が物を言うようだ。しっかりと強火で焼きあげないと、カリカリにはならず、しっとりとしてしまう。

高温にならない型だったワッフルメーカーだがカリカリにさせる方法は他にもある。得意の二度焼き。揚げ物でも二度揚げてカリカリ二する。習字ではやってはダメの反則技。ワッフルメーカーで焼いた後に、オーブントースターで焼くとカリカリになる。ワッフルメーカで再度頑張っても、所詮は鉄板挟み。湯気の逃げ道がほとんど無い。トースターはすかすかなので、少し焼くだけで水分が飛んでサクサクに出来る。

EZPass Unpaid に2016年07月03日 12時21分26秒

先日電池が切れた様子なので新しい機械を頼んでおいた。しかし、二週間も経つのに未だに届かない。今回、高速道路を使う用事があるのだが。

まだ、電池切れだと確定したわけではないので実験してみることにした。ブースには現金支払と EZPass の両方を扱ってくれるものもある。そこで、高速道路に入るときに、機械が反応したらそのまま進入し、しなかったら料金券を貰うという算段だ。

さて、料金所に入ると機械が反応して、「EZPass Go」の表記が出た。

そして、下り口に指し掛かったのだが、こちらの出口では EZPass のみか、現金のみの窓口しかない。出来れば両方扱って貰えるところに入って行きたかった。選択の余地がなく、入ってきた時に EZPass が反応してくれたので、今回は EZPass ようのゲートを選ぶ。しかし、通過時にでた表示は 「Unpaid Toll」だった。

進入時には処理をしてくれて、退出時には失敗、随分と迷惑な動作だ。取り合えず、連絡を待つことにする。

娘のアトピーが酷くなっている2016年07月04日 11時51分32秒

六歳半の娘の肌が春先から随分と芳しくない。最近になって漢方を元とした治療を始めてみた。先生の話によると、治療し始めは一旦症状が悪くなるとの事。

いま、その最初の症状悪化の状態で随分と肌が荒れている。痒くて出血するくらい、掻きむしってしまったり、夜にも何度か起きてしまう。

引っ掻き防止にばんそうこうを貼るが、包帯をやってみたが、寝ながらでも掻くので外れてしまう。

独立記念日の花火は雨でもやるようだ2016年07月05日 12時25分32秒

今年の七月四日は月曜日。既に、学校は夏休みに入っているが、夜暗くなるのが九時半で、それから花火だと夜遅くなるので行くかどうかを悩んでいた。

子供達が行きたいと言うので、寝る準備等は終らせて支度をする。ここ、ニュージャージー北部やニューヨーク近隣は日暮れから雨の様だ。七時頃から外が暗くなって、いつ降ってきてもおかしくない様子。九時に家を出る予定だったが、急にザッーと雨が降ってきた。最初の勢いはすぐに弱くなったが、その後も雨はポツポツと続く。

やるかやらないか分からない花火を眺めに、九時就寝の子供達を連れ出すわけにも行かない。子供達は雨だと大人しく諦めて、寝る準備に。

子供達が寝た後に外から花火の音が聞こえてくる。どうも雨の中若干早くなった地域と、そのまま決行した地域が結構あるようだ。外からは、雨の音も相変わらず聞こえてくる。

古い機種で FreeBSD が動かなくなっていた2016年07月06日 21時21分51秒

FreeBSD 10.1 は起動できるが、10.2 から駄目なようだ。ほとんど電気を付けていなかった機種なので、最近になって気が付いた。

暇を持て余すようだったら、原因の切り分けをしてみたいものだが…。取り敢えず、stable/10 の 276686 辺りから探る必要がありそう。

Solaris のリンカーはファイル単位2016年07月07日 15時28分18秒

Solaris のリンカーがアーカイブファイルからオブジェクトファイルを取得するのはファイル単位だ。ar 等を見ても、静的ライブラリのシンボルを並び替えることはしない。また、複数の関数が一つのファイルに定義されていると、ファイルにある全ての関数が実行形式のファイルに取り込まれる。

さて、ここでのファイル単位とは、コンパイル毎のファイルに相当する。別の言い方をすれば、.o ファイル単位だ。元が、C 言語や Fortran でも大して変わらない。Solaris の .a のアーカイブファイルは .o ファイルを寄せ集めた物になる。動作的には tar に似ている。そのため、.a ファイルから一つの関数を探すことになっていても、全ての .o ファイルを取り込むわけではない。

少し具体例をあげるとする。main 関数が 関数 a を呼ぶとしよう。そして、そして、関数 a、関数 b、関数 c が一つの .c ファイルに実装されて、アーカイブファイルに取り込まれているとする。そうすると、このプログラムをリンクすると、プログラムは不要ではあるが、関数 b と関数 c の実装を取り込むことになる。

リンカーは基本的に全ての未解決シンボルを探そうとする。もし関数 b や関数 c が他の関数を呼んでいると、それらの実装も取り込むことになる。そして、この関数呼び出しの連鎖は終点まで続く。

そのため、Solaris 上では、実装を一つのファイルにあまりに無造作にかつ、大量に詰め込んでライブラリを作成すると、プログラムが肥大化する弊害が起きる。

FreeBSD stable/11 が SVN に作られた2016年07月08日 12時05分08秒

FreeBSD 11.0-RELEASE に向けて、stable/11 が作られ head は 12 になった。取り合えず、リリースするまでは 11 を追従しようと思う。

svn switch にて、ブランチに変更。

% svn switch https://svn0.us-east.freebsd.org/base/stable/11

サマーキャンプの宿題が結構多い2016年07月09日 13時10分41秒

既に夏休みに入った子供達。アメリカではどこの家庭も夏休みは子供達をサマーキャンプに送るもよう。夏だけで、二ヵ月にもなる休みに家で遊んでだけいるのも確かに困る。

サマーキャンプの子供達の宿題を見ているが、三十分から一時間は掛かる。思ったよりも時間が掛かってしまい日本語の勉強までは手が回らない。

指先を負傷2016年07月11日 21時23分05秒

うっかり包丁で左手の人差指を切ってしまった。オクラを切っているときに、ヌメヌメで刃先が滑べって、人差指の爪に。若干、爪が少しめくれて、皮も少し切ってしまった。石鹸や酢などがしみるので、気を付けねば。切れ目が入っている爪に、何かが引っかかるとめくれて痛い。

娘がとても心配をしてくれている。