Kalahari リゾートへ日帰りで室内プール2016年03月26日 11時55分23秒

Karahari Waterparks へ、祝日の金曜日を利用して行ってきた。最近ペンシルバニア州のポコノに出来た新しいリゾート。以前に行った Great Wolf Lodgeの近くにある。そのため、ニューヨーク近隣からほぼ一時間半の距離。

他にも大型の室内プールのある施設はポコノに幾つかあるが、日帰りのプールのみも受けつけているのはここだけ。

朝、十時に一般公開らしい。プールは九時から開いていた様だが、宿泊客用なのかな。まだ、工事中で大きなホテルが建設中。半分程営業が始まっているようだ。それでもかなり広い施設。駐車場からの距離もかなりあった。

プールだけの場合は、入口から入ってそのまま地下へ。地下へきたらそのままゲームセンターで、その奥がプールの入口。プールの入口の手前で日帰り客の受付をしている。今日は既に当日券が売り切れで、予約のみとなっていた。収容人数は三千人と書いてあった。

コインロッカーを借りて荷物を入れる。十ドル、十五ドル、二十ドルの三種類があって、値段の割に小さい。二十ドルのを借りてぎりぎり一家族分の荷物が入る大きさ。鍵は暗証番号式で、家族の誰でもが開けられるのはありがたい。なお、一日に無制限で開け閉めできる。

全体的には Great Wolf よりも大きめで、施設的には幼児向けものもが多い。小さい子供が多い場合はこちらの方が良さそう。子供向けの施設も多いが大人や大きめの子供のものもしっかりと揃っている。一番大きいスライダーは息子も恐いので行きたくないと言っていた。なお、温水プールは温かめ。こちらは入るときに熱いと感じるくらいで、長く入っていても冷えてこない温かさ。外にも通じていて、まだ若干寒い風が顔に当たって気持良かった。

ここは外部の飲食物の持ち込みが禁止で、入口で受付の窓口に預けなくてはいけない。水ぐらいはあれこれいろんなボトルがあったので良かったみたいだ。車の中でのおやつなどを入れた袋はここに預けた。

食べるところが、大混雑で少ないのはここも同じ様子。あまりにプール内の施設が混んでいるので、一時的に外に出て、外にあるカフェでピザを購入。焼いてから出てきたようで、時間は掛かったが、しっかりと焼けていて味はまあまあだった。中に比べると断然空いているが、人が少なめで、時間が掛かっている様子。

変わっていたのは flowrider と言う、室内サーフィンの施設。一人、一分で結構並んでいるので三十分は待つ。最初は恐がっていた息子も、結局三回はこなした。尚、ここには遅い時間までいたので、最終的には十人から十五人まちだった。

娘も息子も体力がついたようで、最終的にプールを出たのが八時前。施設を出たのが八時半過ぎだった。