Solaris C++ コンパイラがメモリ不足で落ちる時のエラー2015年11月05日 13時06分18秒

Solaris C++ コンパイラがメモリ不足で落ちる時のエラー。
>> Assertion:  DBGGEN ERROR: FILE="../src/dbg_alloc.c", LINE=%23, Ran out of
memory [DBG_GEN 5.3.3] (../lnk/dbg_dbggen.cc, line 4518)
    while processing .cpp at line 0.

Solaris のコンパイラは、コードの不正を見付けて終了する時には、オブジェクトファイルをしっかりと削除して終了してくれるが、このエラーの時は、コンパイラ自体が異常終了するため、オブジェクトファイルが消されない。そのため、make を使うと、二度目はファイルが存在するため通過してしまうが、リンカーが失敗する。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2015/11/05/7885778/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。