FreeBSD 11.0 CURRENT の方が安定2015年06月10日 12時48分26秒

vm_thread_new: kstack allocation failed のせいで、FreeBSD 10.1 RELEASE は若干不安定。ZFS を酷使するとすぐ止まってしまう。i386 環境で、実メモリが 2GB だから、ZFS の推奨環境では無くなってきているのは否めないところもある。

そこで、最近はまた CURRENT を併用し始めた。ZFS を沢山使うときには 11 CURRENT を起動している。こちらには既に修正がはいっているようで、問題は起きない。起動したついでに、svn up と buildworld を始めるが頻繁に llvm が更新されて、このコンパイルにとても時間が掛かる。一時は CURRENT での修正を見つけられたらと思い探してはみたが、結構大きく変更されていたので、分からなかった。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2015/06/10/7665958/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。