10.0 RELEASE でも同じ症状が出た2015年02月07日 12時08分15秒

FreeBSD 10.1 RELEASEが不安定なので、調査を続けていた。

まず、10.0 RELEASE でも問題が起きた事。10.1 RELEASE からの問題ではなかった。

一番簡単な再現方法は、buildkernel だった。buildworld だともっといろいろなプロセスが絡むのと、大量のプロセスが生成されるまでの下準備に時間がかかる。一番運が良い時は -j 30 でも再現できた。

FreeBSD 9.x 系でも似たような症状は起きていたようだ。stable に四ヵ月程前に変更が行われたが、この辺りのコードが変わっているので、10 系以降にはそのまま適応されないとのこと。

11 CURRENT では起きないのと、三台の中の一台のみで起きるのを再確認。11 CURRENT に逃げてしまうのが一番手っ取り早い気もしてきたが…。

コンソールで起動し、buildkernel だけで再現できる。一度問題の状態に陥ると、メモリは使われていないのに、プロセスを生成できなくなる。遭遇するエラーは二種類。

pmap_mapdev: Couldn't alloc kernel virtual memory
vm_thread_new: kstack allocation failed

前回。次回。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2015/02/07/7566701/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。