FreeBSD で extended dos partitin をマウントする2014年10月10日 16時06分28秒

Windows でパーティションが作れるのは四つまで。それ以上になると、拡張パーティションを作る必要がある。拡張パーティションは、通常のパーティションを作った中に作成される。

それを FreeBSD の fdisk で見るとこうなる。第二パーティションが拡張パーティションになっていて、「Extended DOS (LBA)」と表示されている。


cylinders=38913 heads=255 sectors/track=63 (16065 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=38913 heads=255 sectors/track=63 (16065 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 7 (0x07),(NTFS, OS/2 HPFS, QNX-2 (16 bit) or Advanced UNIX)
    start 2048, size 286683416 (139982 Meg), flag 0
        beg: cyl 0/ head 32/ sector 33;
        end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 2 is:
sysid 15 (0x0f),(Extended DOS (LBA))
    start 286687232, size 20514816 (10017 Meg), flag 0
        beg: cyl 1023/ head 254/ sector 63;
        end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 3 is:
sysid 7 (0x07),(NTFS, OS/2 HPFS, QNX-2 (16 bit) or Advanced UNIX)
    start 307202336, size 211439009 (103241 Meg), flag 0
        beg: cyl 1023/ head 254/ sector 63;
        end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 4 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
    start 518641664, size 106496000 (52000 Meg), flag 80 (active)
        beg: cyl 1023/ head 254/ sector 63;
        end: cyl 1023/ head 254/ sector 63

これらの拡張領域に対して、FreeBSD は一つずつスライスの番号を割り当てる。この上の拡張領域は 5 に割り当てられていた。

$ mount_msdosfs /dev/da0s5 /mnt/msdos

で拡張領域もマウントできる。