ピザストーンで焼く2014年10月08日 16時36分23秒

アメリカに住んでいると何かとピザを食べる機会がある。私も子供の時はピザは好きだったように、子供達もピザは大好きだ。

冷凍の物を焼くなり、自分で捏ねて焼くなりでも、ピザストーンがあると、味が大きく変わる。ピザストーンとは大体丸い形の石。これの上にピザを乗せて焼く。

オーブンを余熱して、更にこの石も温める。ガスコンロだった場合は、直接火で余熱をしていた。オーブンよりもこちらの方が手っ取り早く温まる。そして、冷凍のもでもこの上に置いて、オーブンで。物にもよるが、十分から二十分。

安物のピザストーンでも使うと裏面がカリッと焼けて、おいしくなるし、保温も効くので出してからも温かい時間が続く。冷凍物は、そのまま焼くとベチャッとした感じになるものが多い。同じピザでも段違いにおいしくなる。長くアメリカに滞在するのならお薦めの一品。昔々に一度試した後に気に入って、割れてしまっても買い替えてずっと持っている。むしろ割れるから安物でも良いと割り切っている。