boot0cfg ブートマネジャーをインストールする。2014年08月02日 18時45分50秒

PC からのブートは多段式になっている。外付けのハードディスクからブートできる様にしたのでその覚え書き。ディスク自体は古く、MBR 形式で、NTFS のパーティションが二つあった。それを縮めて FreeBSD を起動させる。

まずは、MBR にブートコードを書き込む。これをしないと、BIOS で USB ディスクを選んでも何も起こらない。NTLS not found だかとエラーが表示されていた気がする。


$ boot0cfg -B /dev/da0

boot0cfg は ブートパーティションを選べるようにしてくれる第一ローダ。

そして、次に bsdlabel を用いてスライスから起動できるようにする。


$ bsdlabel -B /dev/da0s3

この二つを行って、FreeBSD が起動できるようになる。BIOS なりで、USB からのブートを選ぶと、F3 で FreeBSD がブート可能になっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2014/08/02/7404524/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。