openssl パッチをCVS からの FreeBSD へ2014年04月13日 01時01分42秒

何かと世間を騒がせている openssl のセキューリティーホール。FreeBSD からも openssl SA が出ている。nfsserverも併せて出ている。しかし、CVS の FreeBSD には変更はされていない。

そこで、これらのページにあるように、別途パッチを取って当てる必要がある。

CVS と言うことで、最新版でも 8.4-p6。


% uname -r
8.4-RELEASE-p6
% cd /tmp
% fetch http://security.FreeBSD.org/patches/SA-14:05/nfsserver.patch
% fetch http://security.FreeBSDr.org/patches/SA-14:06/openssl.patch
$ cd /usr/src
$ patch -p0 < /tmp/nfsserver.patch
$ patch -p0 < /tmp/openssl.patch

この後、build world と build kernel で作りなおす。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2014/04/13/7273633/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。