日本語の漫画は二週間に2014年03月02日 00時58分46秒

パラマスの図書館で借りられる日本語の漫画の貸出し期間が、一ヶ月から二週間に変更された。

子供達が楽しく日本語に触れられるように積極的に利用している。

七歳の息子は、「ナルト」、「ポケモン」、「イナズマイレブン」、「ドラえもん」等を始めとした、少年向けの漫画が好き。また、「となりの関くん」等、授業中に遊んでいる風景を書いた漫画も楽しんでいた。「怪傑ゾロリ」は既に読破している。

四歳の娘は、「ドラえもん」を中心に「チーズ・スイートホーム」等の漫画が好き。娘には、絵本も時々借りてきている。字は読めないが、絵を見て楽しんでいる。「おとーさん、これ見て。」と言ってあれこれと見せてくれる。