細かい場所の雪掻きはちりとり2014年02月18日 13時11分59秒

今年は雪が特に多いが、ここニュージャージー北部とニューヨーク近郊は毎年雪は降る。雪掻きのテクニックでちょっと役に立つものを。

雪掻きには雪掻き用のスコップがあるのだが、こちらは広いところ用。細かくて踏み固められた所や薄い氷が張ってしまった所は、園芸用のスコップ、英語で trowel がいい。例えば、玄関の前やその階段。一歩目から雪をどかしていかなければいけないので、どうしても最初は浅く、自分で踏んで硬くなる部分がある。ただ、金属性のスコップは危ないので、子供達が使う場合には注意が必要。クナイとか言って投げ始める。

そして、更にお薦めなのが、箒と塵取。ほうきの英語は broom で、ちりとりは dustpan になる。とどのつまり、埃用の手なべ。鍋と言うより、薄いフライパンの方かな。

箒は小さいもので十分だが、毛が硬い方がお薦め。少し位踏み固められた雪だったら、激しくブラシをして弾き飛ばせる。階段なんかだと上から下に降ろしつつ、手狭なので大きいスコップでは綺麗にいかないときが多い。箒と塵取で、ごみを取るように雪掻きもすすめられる。スコップよりも塵取の方が雪を盛れるので、捨てる回数も減って作業効率も良い。

さらに塵取の優れたところは、小さくて軽いこと。特に雪の多い今年、子供達が外に出ての最初の一言は、「お父さん手伝う。」になった。家の四歳と七歳の子供達に持たせて、「まずはここをお願いね。」と細い通路をやらせる。一盛りも軽いので子供達でも、雪を運べる。「さっすが、おねえちゃん。」等の褒め言葉を聞きたくて頑張ってくれる。子供達も随分と頼りになる年齢になってきた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2014/02/18/7225751/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。