NetBeans を通さずに Mercurial を使わなければいけない場合2009年06月29日 12時11分39秒

NetBeans には CVS を始めとする履歴管理のソフトウェアも使える様になっている。CVS は自前の実装のようだが、Subversion や Mercurial 等は、別途にインストールしないと使えなかった。

NetBeans からは rename や copy 等のコマンドが使えない。そこで、これらのコマンドを使う時は、わざわざターミナルを準備する必要がある。最近の履歴管理のソフトウェアで rename や copy が無いのはむしろ旧来型の CVS ぐらいな物だ。しかし、NetBeans にはこれらのコマンドは使えない。

Java 等のソースコードだったら、リファクタを使っても良いのだが。リファクタを使うと、ファイルの名前を変えて適切に必要箇所も変更してくれるので重宝している。

しかし考えてみると git では rename や copy 同等の事を勝手に判別してくれる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2009/06/29/4398237/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。