ggated/ggatec を RW で試す2009年01月29日 00時35分17秒

前回、ggate を RO で試した時は問題なかった。そこで、今回は RW で試す。しかし RW で試して、ファイルを壊したりするのは流石に辛いので、実験用のディスクを使う。また、ネットワークはループバックを用いる。そうすれば、一台で実験できるし、問題があったときに二台も巻き込む必要もない。

ggated を設定し、起動する。


$ cat gg.exports 
127.0.0.0/8             RW      /dev/concat/src
$ ggated

クライアントも起動。


$ ggatec create -o rw 127.0.0.1 /dev/concat/src
ggate0
$ mount -onoatime,async /dev/ggate0 /mnt/src

ここには、ports のファイルの複製が五つあった。それを全部削除して、7.1 と 8-CURRENT のソースを展開。最終的に、七桁にわたるリクエストを処理した。特に問題は起きなかった。

ソースを調べてみたら、7.0 からは何の変更も入っていない。以前に諦めた時から特に変わっていない事になる。もう少し、ggate の様子を探るつもりだ。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2009/01/29/4086249/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。