FreeBSD Kernel Profiling2008年05月21日 15時39分42秒

以前から geom_eli のパフォーマンスが気になっていた。大きなファイルを書き込んでいる間に、ディスクの利用率が 100% に届かないが、CPU も 100% に届かない。

プロファイルを行なえば何らかの手がかりが掴めるかと思い手がかりを探してみた。Kernel Profiling on FreeBSD によると、config -p と -p オプションを渡して、カーネルを作り直すとのことだった。

注意点としては次の二点。プロファイルは SMP カーネルでは問題があるらしいので、UP カーネルを作る。そして、カーネルモジュールを使わずにカーネルに組み込む。

kgmon を用いて gmon.out を作り gprof を用いて出力を整形する。明日、試す事にする。

次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2008/05/21/3533321/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。