FreeBSD 7.0-RELEASE Announced2008年02月28日 16時52分10秒

FreeBSD 7.0-RELEASE が正式に発表された。

簡単な要約。

  • 6.x と比べたときの SMP の性能が 350% (低負荷時) から 1500% (高負荷時) の向上。Linux 2.6.22/2.6.24 と比べても 15% 上まる。
  • スレッドモデルが 1:1 libthr に変更。
  • IPC 精度が向上
  • SMP の最適化
  • 8 CPU までの直線的な性能の向上。
  • ULE スケジューラの改善。7.0-RELEASE では依然 4BSD スケジューラをデフォルトに利用。
  • 実験的な ZFS の実装。
  • gjournal による、ジャーナリングファイルシステム。
  • gvirstor による仮想大容量記憶領域。
  • XFS の読み込みのサポート。
  • unionfs の修正。
  • iSCSI。
  • 一部のネットワークドライバに TSO と LRO のサポート。
  • 実験的な SCTP の実装。
  • ワイアレスサポートの向上。
  • jemalloc によるユーザ空間メモリ管理。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2008/02/28/2670982/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。