椅子に登った2008年02月19日 12時47分30秒

遂に、十六ヶ月半になる息子が、椅子の上に這い上がった。

随分前からベットには登れるようになり、最近は乳母車などにも自分で這い上がって、座っていたのだ。シートベルトを自分で留めるのが好きなのだ。まだ、背が届かず、椅子には登れなかった。

椅子に登ったのはかなり、良い意味、悪い意味両方の面で画期的だ。大人の座る椅子に座りたくて、ここ数日は抱っこして乗せてあげていた。最初は大人しく座っているが、直ぐに立ち上がり結構危険だ。

これが、自分で上がれるようになったという事は、前以上に目を離せなくなったという事だ。それに加えて、今度は椅子からテーブルになんなく登る。他にも、登ることの出来る場所が増えて、更に行動範囲が広がった。以前は、手に届かないように高いところに置いたものでも、椅子などに登ることによって届くところが益々増えた。

室内にいるよりも、一緒に散歩に出ていた方が手がかからない気がする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2008/02/19/2642202/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。