VOS C entry v.s. argc/argv2008年02月13日 11時07分43秒

VOS の C 言語では、プログラムの開始関数は、main に縛られてはいない。bind 時に任意に指定することも出来る。bind 時に entry が指定されていないで、main 関数が一つの時にはそちらが、entry として扱われる。

VOS 本来のコマンドオプションの引き取り方は、s$parse_command() による物だが、一般的な、UNIX 系の C 言語の様に argc/argv を用いることも出来る。

しかし、この argc/argv は entry が暗示的に main で指定されている時には使えない様だ。bind の entry が指定されると、bind が失敗し実行形式プログラムが作れない。entry が指定されると、以下の様なエラーがでる。


bind: Warning: The main entrypoint "display_stdin" of object module
     "echo" has arguments.

何処にも記述されていないので、何故 display_stdin(int argc, char *argv[]) がいけないのか理解するのに時間を喰ってしまった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2008/02/13/2623680/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。