以前も TCP だかタイマーで問題があった2007年11月16日 13時40分27秒

以前にも、VOS でファイルシステムを原因とした問題があったのを思い出した。既に、五、六年は前の事だったと思う。

システムが日中稼働し、外部との通信に TCP を使っていた。アプリケーション層で、一分に一度だったと思うが、ハートビートを交換する仕様になっていた。

何故だか、このハートビートが遅れるようになっていたのだ。起こるのも、いつも同じぐらいの時間。ハートビートへの返信がとても遅れていたのか、こちらが送るべきハートビートが仕様通りに送られていなかったのかは覚えていない。しかし、正しく通信できないのだ。

結局のところ、原因はその特定の時刻に始まるバッチジョブのせいだった。このバッチは、大量のファイルを扱うので、この時にディスクの稼働率が急に上がる。この時を境に、ハートビートに問題が出始めるのだった。記憶が正しければ、ディスクアクセスが、TCP の処理を遅れさせていたらしい。対応としては、ディスクから負荷を軽減させるために、このファイルの処理にスリープを入れ、業と遅らせるようにした。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/11/16/2344735/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。