VIM のバックアップファイルが邪魔をした2007年07月30日 13時32分13秒

Emacs も時折使うことがあるが、基本的には vi 派だ。FreeBSD でガンガンとソースを書くということは、殆んど無いが、何らかの理由でソースを覗いたり、設定の変更等は、システム標準の vi を使っている。日本語を含むファイルの場合は、ports から入れた jvim2 を起動している。vim の日本語化版だ。

vim を起動中に、システムが止まってしまった。そこ後に、ファイルが編集できなくなってしまった。


% jvim2 file.txt
.vim file exists: an edit of this file has not been finished

と起動すると、この様なメッセージがでて、保存できない。

そこで、-r を指定し、バックアップ復元モードで起動する。


% jvim2 -r file.txt
.vim file exists: an edit of this file has not been finished

一生懸命に /var/tmp/ 以下などを探したが、全然見つからないので困っていた。何せ、この .vim ファイルのせいで、 編集を保存できないのだ。素の vi だと、この様な場合は、バックアップを破棄して、編集を続けることができるが、vim ではそうは問屋が卸さない。

やっとのことで見つけた。灯台下暗しとは、正にこの事だろう。vim の残す大量のバックアップの所為で全然気がつかなかった。元々ファイルの数が多かったのも手伝ったのもある。むしろ、木を森に隠すといったところか。


% echo file.txt.*
file.bak file.vim
% rm file.txt.vim

このファイルを削除したら、使えるようになった。 VIM は VI iMproved と言われるが、個人的には vim の拡張では被害にあったことしかなく、使いづらい思いをすることも多い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/07/30/1689037/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。