7.0 移行への準備開始2007年07月19日 12時23分06秒

普段は OS の変更や新規実装などにあまり興味がないほうだ。*BSD や Linux を個人的に使い回してきたが、新規インストールするときは、大体その時のお薦めと言われるバージョンをいれる。それに特に取り立てて新しい機能を一覧をじっくり眺める方でもない。強いて言えば、OS を更新する程の興味をもったのは Solaris 10 の TCP/IP の再実装ぐらいだった。

今、準備中の FreeBSD 7.0 は、始めて OS の新規機能を試すために入れたいと思った。特に興味をもったのは zfs と tmpfs。zfs はその柔軟性と操作性に興味を持った。惜しむらくは、その必要なリソースの多さだろう。64 bit 機でギガ単位のメモリを積まないと厳しそうに見える。CPU もメモリもあまり余裕が無いので、今のところはほとんど試すに至っていない。

tmpfs は何と言っても高速性だろう。mdconfig を使ったメモリデバイスは存在したが、ファイルを削除してもメモリを圧迫したままなのが欠点だった。tmpfs はそれが無い。最近では、ports を大量に更新するときに/var/db/pkg に割り当てて、酷使しているが特に tmpfs の問題に直面したことは無い。もちろん /tmp も mdmfs から tmpfs に変えた。

そんなわけで、個人的には 7.0-RELEASE を大変期待している。純 7.0-CURRENT 環境は最近頻繁に使っているが、6 系からの更新等も含めて、実験を始めようと思っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/07/19/1665771/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。