amd64 上での gcc 4.2 のバグ2007年06月17日 11時06分48秒

現在 7.0-CURRENT を amd64 上で使うと、大量のメモリとスワップ領域が必要になる。目安としては物理メモリ 1GB にスワップ領域が 2GB ぐらい当たりが最低らしい。

基本的な問題は gcc 4.2 の最適化によるところだ。i386 では起きない。gcc memory consumption: amd64 v i386 との実験結果が示され、「gcc に問題があり、すぐには修正できる様な問題ではない。」との回答があった。

amd64 に移行して、7.0-CURRENT に上げたときに 256MB では足りなくなるわけだ。i386 機に戻って問題が無かったのも納得がいく。

対策としては、amd64 では最適化を無効にする他ない。ただ、私のところで問題だったのは ruby が大量のメモリを消費することだった。portupgrade をするために ruby を入れ直さなければいけなかったので、他の人達のように XOrg でメモリが足りなくなるところすらたどり着いていなかったのだ。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/06/17/1585012/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。