GCC などの大型変更があった後の buildworld2007年06月06日 10時37分34秒

7.0-CURRENT を追い始めてかなりの月日が経った。それなりに大きい変更や、小さな変更も見てきた。本当に小さな変更が、起動すらしなくなる原因になることもある。時折、kernel.old からブートしなければいけないこともあるが、多くもない。

メーリングリストを購読していると、ビルドが失敗する時には、メールが届いている。その時には上げないのが賢明な判断だ。

ビルドに失敗しても、半日ぐらい待てばしっかり修正されている事も多い。

大きな変更が入った後には、ビルドが失敗することもある。make が正しく、処理し切れていないのが原因だ。そのような時は慌てて、報告する前に、NO_CLEAN などを無効にして、最初から作り直す。これで、何度か buildworld が通るようになった。

それでも、何か異常があれば、何らかの報告をしてみよう。もしかしたら、すぐに修正されるかも知れない。時間が掛かるときもある。シリアルコンソールでログを取ってと言われるときもある。残念ながら、シリアルコンソールはないのだ。

CURRENT、開発版とは言っても、毎日がいばらの道では無いのは確かだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/06/06/1559452/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。