GCC 4.2 を導入2007年05月31日 13時38分01秒

やっと、7.0-CURRENT にて、GCC 4.2 による buildworld と buildkernel が終わった。

UPDATING によると Symbol versioning や INCLUDE_CONFIG_FILE など影響の大きそうなものがいくつか五月の間に入った。そして、最近二、三ヵ月の間、CURRENT 環境を更新していなかったので、少々心配したがいつも通り何も問題なく出来たようだ。

GCC 4.2 ににはバグがあり、メモリを大量に使ってしまうらしいとの話もチラホラ見られた。もし、Xorg の更新などで、コンパイルが失敗するようだったら、スワップ領域を増やしてみるといいかもしれない。ただし、性能は大幅に落ちるだろう。

その他に、最適化や gcc のフロントエンドなどが書き換えられたなどの影響で、コンパイルに必要な時間は伸びたらしい。実際に、buildworld や buildkernel が終わるのに、今までの二、三倍ぐらいの時間が掛かったような気がする。しかし、普段はオブジェクトを消さない。そして、計算機も常時運転ではないので、この二、三倍と正確な値として出されたものではない。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/05/31/1546168/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。