TodoList: 縞縞模様2007年01月14日 10時39分43秒

リスト表示の時に、テーブルの項目数が多く、横スクロールさせなくなると、どれがどのレコードなのか分かりづらくなる。そこで、テーブルを縞々にしたい。

まずは、テーブルに罫線引く。無くても、大丈夫そうではあった。今回、色を付けたいテーブル内は _add2.rhtml で表示されるテーブルだ。_add2.rhtml は render partial collection で collection を渡し、各項目を自動で表示する。


% cvs diff app/views/todo/show.rthml
--- app/views/todo/show.rhtml   10 Jan 2007 05:24:16 -0000      1.6
+++ app/views/todo/show.rhtml   12 Jan 2007 04:19:40 -0000
@@ -4,7 +4,7 @@
 </p>
 <% end %>
 
-<table>
+<table border=1>
   <%= render :partial => 'add2', :collection => @todo.descriptions %>
 </table>

color 関数をどこからどう呼べばいいのか悩んだが、案ずるより産むがやすしで、_add2.rhtml を変更してみた。


% cvs diff app/views/todo/_add2.rthml
--- app/views/todo/_add2.rhtml  11 Jan 2007 04:02:33 -0000      1.3
+++ app/views/todo/_add2.rhtml  13 Jan 2007 04:43:07 -0000
@@ -1,6 +1,6 @@
 <%= error_messages_for 'description' %>
 
-<tr id="description_<%= add2.id %>" >
+<tr id="description_<%= add2.id %>" bgcolor="<%= cycle("white", "al
iceblue")%>">
 
   <!--[form:description]-->
   <td>

最初にこの変更で、うまくいくのか不安だったが問題なく動いている。

この動作と他の動作検証を元に推測すると、この cycle はページ毎の様だ。基本的には、表示単位内で何らかのローカル変数を持ち、その中でループを回しているみたいなだった。class を指定することも出来るようだ。詳しくは、 cycle API を参考にして欲しい。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/01/14/1111410/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。