X11BASE と dummyflash2006年10月22日 07時34分34秒

X11BASE が LOCALBASE に移動する。/usr/X11R6 が /usr/local にだ。

20061014:
  AFFECTS: All GNOME users
  AUTHOR: gnome@FreeBSD.org

  GNOME has been updated to 2.16 and all GNOME components have been
  moved from X11BASE to LOCALBASE, to upgrade your GNOME desktop and
  applications you will need either sysutils/portupgrade or
  sysutils/portmaster. To use portmaster, make sure you have least
  1.9 version to have the upgrade success.

今回、更新を始めたが、seamonkey で大量の plugin が使えなくなった。plugin のページで確認してみると、java と zip ぐらいしか無かった。再度昔の環境で確認してみると、もっとたくさんの plugin がある。

まだ、この時点では、X11BASE が原因だとはわからなかった。gnome 更新の副作用かと思い、今度は seamoney のみを更新したが、同じ症状が現れる。

実はここで、今回は更新を見送ろうと思ったのだが、面白い物を見つけた。dummyflash に変更が入っていたのである。dummyflush は flash の plugin して組み込まれ、何もしない

この更新から推測できるのは、X11BASE を元にしている plugin は全て更新される必要がある事だろう。gnome は動いて、その他にもチラホラと移動し始めたものがあるが、大した量ではない。 gnash を入れた理由は、linux-plugin が入っていると、高い確率でブラウザごと死んでしまうからだった。gnash が入っていると、ブラウザごと落ちたことはない。それでも、必要もない CPU を使っているのは気にはなっていた。

dummyflash の方が、目的に叶っていたのである。どうせ他の plugin は大した影響は無いので、私の環境では大丈夫にはなった。

firefox や mozilla の状態がどうなっているかは、検証してはいないが、もし利用しているのであれば、一度実験する事を薦める。もしかしたら、使えなくなっている plugin もたくさん出てくるかも知れない。`

これらの plugin が再コンパイルだけで、全てが使えるようになるかは調べてはいない。しかし、


-USE_X_PREFIX=	yes
+USE_XLIB=	yes

と変更されているのから推測すると、USE_X_PREFIX=no USE_XLIB=yes と /etc/make.conf に書けば、解決するかもしれない。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2006/10/22/570075/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。